2005年10月23日

jpeg画像+flashファイルの素材をアップするべきかどうか?

1個前の記事に引き続き、あたまがうにになるさんのブログペットAPI復活!!の記事に、隠し仕様があるという事で早速実験してみました。以下記事より

Flash背景が透過されている場合、Flash(swf)背景の後ろにjpeg画像を表示する裏技(隠し仕様)。
Flash(swf)背景と同じ位置に、背景と同じ名前のjpegファイルをアップロードして下さい。
(例:背景が http://*****/back.swf なら、jpeg画像は http://*****/back.jpeg)
BlogPetのコントロールパネルの「背景画像のURL」に、先ほどアップしたファイル名の拡張子を.swfjにしたURLを指定してください
(例:先ほどの例だと、http://*****/back.swfj)
すると、背景が透過されたFlash背景の後ろにjpegが表示されます


記事ここまで


下のflashの青色の部分は透過してあります。透過した部分は、同じ場所にアップした同じファイル名(拡張子は別)のjpegがある場合は、その部分が見えるようになります。


下のjpegの画像を置いてみました。



ペットの背景設定のときに、ファイル名.swfjという拡張子にすることで、swfファイルとjpegのファイルの両方が背景に反映されます。ペットにつけてみました。



こんな感じになります。

さて、このswfファイルを公開するかどうか?という事です。
公開した場合、携帯で撮った写真をアップして、その写真にこのファイルの場合だと、ツリーとか、ペット名とかが反映されるので、自分のオリジナル背景が簡単に作れるようになるんですね。それはとても、おもしろいって思うのです。

でも、問題が生じることも想定されます。

例えば、他の背景作者さんのjpeg背景をバックにした場合です。改変ではないものの、見た目は改変と思われるような背景ができてしまいます。私が、その方の背景をflash内に取り込んで作ったのと同じ結果になるわけです。それは、他の背景作者さんを大変傷つけてしまう結果になります。それは、大変困ります。

あくまでも、オリジナルの背景で使ってね。。と、注意書きを書いても無駄でしょう。

公開するかしないか、公開する場合もダウンロード自由にしないようにするとか?悩んでいるうちは、公開しない!って事ですね。
posted by Rumi at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPet背景 背景透過 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8478797

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。